デジタル通貨(暗号資産)を保管するウォレット

CRYPTO JAPAN POSTのTAMOです。暗号資産を深く知るには暗号資産を保管するウォレットについて詳しく知らないといけません。基礎知識を知らずに暗号資産の世界に入ると間違ったアドレスに送金したり、思わぬ事態になる可能性もあるため、正確な知識をみにつけておきましょう。

マネライオン

いっしょに勉強するぞ。

ウォレットを知るにはブロックチェーンを簡単に理解していないと戸惑いますので、ブロックチェーンの記事を読んでいない方はそちらを先に読んで頂けると助かります。

暗号資産を保管するウォレットとは

ウォレットとは、暗号資産を個人で保管するシステム全般を指します。ただ保有するだけでなく、ウォレット上で送受金を行ったり、店舗決済を行うこともでき、まさに「財布」の役割を果たしています。

暗号資産は公開鍵暗号方式というセキュリティシステムを採用しており、公開鍵と秘密鍵を揃えることで初めて仮想通貨にアクセスが可能です。ウォレットを使うことで、この内の秘密鍵を第三者がアクセスできないように管理することができます。

暗号資産ウォレットにはインターネット上で暗号資産を管理するホットウォレットと、ネットに接続しないコールドウォレットの2タイプに大きく分けられます。そして更に、ホットウォレットは3種類、コールドウォレットには2種類のウォレットに分けることができます。それぞれの種類にはセキュリティや利便性に特徴があり、仮想通貨の利用目的に合わせて使うことが肝要です。

ウォレットの種類

暗号資産(デジタル通貨)を入れるウォレットには大きく分けて2種類があります。ホットウォレット、コールドウォレットがありますので、用途によって使い分けをして頂ければと思います。

ホットウォレット

インターネットに接続できるウォレットです。ウェブウォレット、モバイルウォレットなど利用のし易さが抜群です。ただ、インターネットに接続できるため、リスクとも隣り合わせと言えます。

スマートフォンアプリやウェブアプリをインストールすることで利用することができます。モバイルウォレットはスマホ自体がセキュリティーが高いため、その恩恵を受けることができます。秘密鍵はスマートフォン内のみで管理され、財布と同様に持ち運び安い特徴を持ちます。ただ、スマートフォンが故障したり、電源が落ちたりすることで利用できるなくなるリスクがあります。

ウェブウォレット

ウェブウォレットは、仮想通貨をウェブサイト上で管理するウォレットのことです。取引所で作成する口座も広義のウェブウォレットにあたります。ウェブウォレットはブラウザで簡単に作成することができ、他のサイトとの同期も迅速に行うことができます。Chrome拡張、デスクトップアプリ、スマートフォンアプリと同期できるものが多く、インターネットにつながっている場所であればどこでも仮想通貨を管理・使用することができるのが特徴です。

デスクトップウォレット

デスクトップウォレットとは、 仮想通貨の保管に特化したソフトウェアのことで、PCにインストールして使用できます。「ソフトウェアウォレット」とも呼ばれます。使用するPCが「デスクトップ型」でも「ノートパソコン」でも同様にデスクトップウォレットと呼ばれます。

デスクトップウォレットには「完全型 (フルノード) 」・「簡易型 (SPVノード)」の2種類があります。

「完全型」は、ブロックチェーン情報をすべて取り込むウォレットです。全世界で行われるすべての取引を記録します。初期設定時の情報取り込みに1日以上かかることもあります。また、完全型のウォレットではマイニングができる場合もあります。「簡易型」は逆に必要最低限のブロックチェーン情報しか取り込みません。そのため、パソコンにインストールしてすぐにすべての機能が使えるようになります。

モバイルウォレット

モバイルウォレットとは、スマホなどの 「携帯端末用のウォレット」を指します。スマホのカメラと連動できるため、QRコードを読み込みお店で決済できることが特徴です。

コールドウォレット

インターネットに接続していないウォレットです。ペーパーウォレット、ハードウェアウォレットがあり、安全性が高いのが特徴です。

インターネットに接続されていないため、非常に安全です。ハードウェアウォレットによっては生体認証もあるものもあります。日本では実店舗で暗号資産が利用できる場面が少ないので多くの場合はパソコンに接続し利用することになります。ただ、まだ新しい技術となるため、お値段は少し高めです。

ペーパーウォレット

ペーパーウォレットとは、仮想通貨を紙で管理するウォレットのことです。正確に言えば、仮想通貨の公開鍵と秘密鍵を紙に印刷することで、実質的に仮想通貨を所有しています。わかりやすく言えば、銀行口座の口座番号とパスワードを紙に書いて保存するようなイメージです。公開鍵と秘密鍵がそれぞれQRコードになっていて、スマホアプリなどで読み取るとペーパーウォレットにて入出金を行うことができます。

インターネットに接続しているウォレットではハッキングによって秘密鍵を盗まれる可能性がありますが、ペーパーウォレットはそのリスクをゼロにすることができます。

ハードウェアウォレット

ハードウェアウォレットとは、専用の端末を使ってオフラインで仮想通貨を保管することができるウォレットです。インターネットから切り離した端末で管理するためハッキングリスクが極めて低く、「ガチホ」と呼ばれる長期的な保有に使われることが多くなっています。

ハードウェアウォレットの他にも様々なウォレットが存在しますので、それぞれのメリット・デメリットをしっかり理解した上で自分のスタイルに合うウォレットを選びましょう。

まとめ

ホットウォレットは利用のし易さは抜群であるが、現在発展途上である暗号資産周辺の技術はまだ成熟がされていないため、インターネット上にウォレットを接続することは一定のリスクがあります。暗号資産を安全に保管したい場合はインターネットに接続されていないコールドウォレットが優れています。

MetaMaskの紹介

ホットウォレットでもっとも有名なのがMetaMaskです。ブラウザ版とスマートフォンのアプリ版があり、登録することでいつでもどこでも仮想通貨の送金や受け取りができます。

この中でMetaMaskは、Webブラウザの拡張機能として利用する場合は「デスクトップウォレット」スマホアプリとして利用する場合は「モバイルウォレット」に分類されます。

MetaMaskの特徴

暗号資産をまとめて管理することができます。MetaMaskが出来ることを大まかに捉えてみましょう。

複数の通貨をまとめて管理できる

1つのアカウントで複数のウォレットを開設できるので、トークンをまとめて管理することができます。

ガス代を自由に設定できる

仮想通貨における「ガス代」とは、ブロックチェーン上で発生する取引手数料のことを指します。もちろんMetaMaskでも、通貨の送受信時にはガス代を支払う必要があります。

ブロックチェーンは、1秒間に処理できるデータ量が決まっているので、ガズ代を多く支払った人から優先的に処理する仕組みです。

時間に余裕のあるときは、手数料を安く抑えるこができますが、急いで取り引きしたいときは、より多くの手数料が必要になります。

MetaMaskのインストール方法

MetaMaskのインストール手順はすごく簡単です。さっそくやってみましょう。

マネライオン

やっと実践できるぞ。

①公式サイトにアクセスします。

②「Download」をクリックします。

③「Install MetaMask for Chrome」をクリックします。

④Webブラウザの拡張機能として、MetaMaskをインストールするため、Chromeウェブストアに自動で移動します。

⑤「Chromeに追加」をクリックし、インストール完了です。

MetaMaskの初期設定

MetaMaskのインストールをするとChromeの右上にキツネのアイコンが表示されるようになったと思います。

クリックをしてウォレットの初期設定をしてみましょう。

初期設定

①「開始」をクリックします。

②「ウォレットの作成」を選択してください。

③「バックアップフレーズ」を保存していきます。

④バックアップフレーズを、順番通りにクリックします。入力が完了したら「確認」をクリックします。

⑤「すべて完了」をクリックしてください。

バックアップフレーズは必ず紙などに保管をお願いします。ウォレットの復元に必要となります。

ブロックチェーンの設定

インストール直後だとイーサリアム系(ERC20)トークン以外の管理ができません。その他のチェーンの通貨も管理するにはブロックチェーンの登録が必要です。

まずは初期設定されているイーサリアムチェーンをみてみましょう。

①設定をクリックします。

②ネットワークをクリックします。

③イーサリアムメインネットをクリックする。

④クリックすると以下のような画面になります。

イーサリアム系トークンの設定は以下の通りだとわかりますね。

いろいろなブロックチェーンの設定

別のブロックチェーンの暗号資産を管理したい場合はネットワークの追加をします。

BSC(バイナンススマートチェーン)

設定項目設定値
ネットワーク名BSC Mainnet
新規RPC URLhttps://bsc-dataseed.binance.org/
チェーンID56
通貨記号BNB
ブロックエクスプローラーURLhttps://bscscan.com

Fantom(ファントム)

設定項目設定値
ネットワーク名Fantom Mainnet
新規RPC URLhttps://rpcapi.fantom.network/
チェーンID250
通貨記号FTM
ブロックエクスプローラーURLhttps://ftmscan.com/

Polygon(ポリゴン)

設定項目設定値
ネットワーク名Matic Mainnet
新規RPC URLhttps://rpc-mainnet.maticvigil.com/
チェーンID137
通貨記号MATIC
ブロックエクスプローラーURLhttps://explorer.matic.network/

Avalanche(アバランチ)

設定項目設定値
ネットワーク名Avalanche Mainnet
新規RPC URLhttps://api.avax.network/ext/bc/C/rpc
チェーンID0xa86a
通貨記号AVAX
ブロックエクスプローラーURLhttps://cchain.explorer.avax.network/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA